ハイドロキノンの効果

できてしまったシミを消す!

ハイドロキノンがどんなシミに効果があるかという点をまとめてみましょう。
基本的には、肌の表面から浅い部分に沈着しているメラニン色素に関しては、ほとんど効果があると認められています。
反対に、肌の奥深くにある真皮層まで達する色素沈着に対しては、残念ながら効果がないこともわかっています。
もし、通常のシミではなく美白化粧品も効果を発揮出来ないシミがあったとしたら、それは自分で自宅で治せる種類のシミではない可能性が高いので、病院へ行くしかありません。
もしかしたらただの色素沈着ではなく皮膚の病気かもしれませんので、自分で判断してはいけません。

・老人性色素斑

通常紫外線などで出来やすいシミで、よく日にあたる場所に男女とも出来やすいシミです。
中年層になるとたくさん表に現れて来ることも多く、ある日突然現れたりする困ったシミですね。
シミに悩んでいる人の大半が、この老人性色素斑だと言われています。ハイドロキノンであれば老人性色素斑でも効果があります。

・肝斑(かんぱん)

肝斑は、更年期を迎える女性などに多く見られるシミで、目の周りや口の周りに左右同じように出てくるモヤっとしたシミです。
原因が女性ホルモンのバランスの変化によるものと見られていますので、通常はなかなか解消しにくいシミとされて来ました。
ハイドロキノンは、原因はともあれ、沈着したメラニン色素を還元するはたらきがありますので、肝斑でも薄くすることは出来ます。

・雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑は一般的にそばかすと言われるものです。
メラニン色素が皮膚の浅いところに沈着しているものであれば、還元作用で色を薄くすることは出来ます。
もし真皮層に達するような定着の場合には、効果は期待出来ません。
雀卵斑は遺伝と言われていて、なかなか消しにくいシミの一つです。

・炎症後色素沈着

これは読んで字の如しですが、皮膚がなんらかの理由で炎症を起こした後に、メラニン色素が沈着してしまった状態を指します。
多いのは、レーザーによる皮膚治療を行った際に肌に炎症が起きてシミになることを予防するために使われることです。
アトピー性皮膚炎も、度重なる炎症のために色素沈着が起きやすいので、ハイドロキノンが使われることがあります。