ハイドロキノンの副作用

できてしまったシミを消す!

ハイドロキノンを使う以上は、必ず副作用について知っておかなかればいけません。
ハイドロキノンは非常に効果の高い有効な成分ですが、それだけに不必要なトラブルも招く場合があります。
厚生労働省が化粧品に配合する濃度として推奨しているのは2%以下です。
これくらいの濃度であれば、確かに重大な副作用が起きる可能性はかなり低いと言えそうです。


重大な副作用は、やはり白斑でしょう。
色素が抜け落ちてしまって、その周りが逆に色濃くなるというトラブルが起きる場合があります。
ただ、これはかなり濃度の高いハイドロキノンを使った場合のことで、自宅で適切に化粧品を使っているのであれば、問題が起こる可能性は低いでしょう。

また、体質にもよりますが、肌があまり強くない人が使うと刺激が強すぎて赤味が出たり、ピリピリとした電気的な刺激を感じることがあります。
こうした場合はすぐに使用を中止すれば、すぐに治まるはずです。
最初から大量に顔に使うような怖いことはやめておきましょう。


中にはアレルギー症状が出る人もいます。

また、副作用ではなく正確には作用のうちとも言えますが、ハイドロキノンはメラニン色素を作るチロシナーゼのはたらきを阻害することでシミを処理します。
だからハイドロキノンを塗ってそのまま炎天下に出るなどという怖いことをすると、肌に大ダメージが起きてしまうのは当然のことです。


これで問題が起きても副作用とは言えません。
シミの元となるメラニン色素は、別にただのやっかいものではなく、紫外線などの外部刺激から肌を守ったり、細胞の中のDNAを守るために存在しているわけです。
メラニン色素を作り出すはたらきを止めてしまうということの怖さもちゃんと知っておきましょう。

ハイドロキノンを塗ったら、紫外線にあたらないようにするのは基本です。
使い方の多くは夜寝る前に塗ってそのまま寝てしまうことが推奨されていると思いますが、もし塗った後に外出するような場合には、確実に紫外線をカットするスキンケアや対策を取ってください。