ハイドロキノンとは?

できてしまったシミを消す!

ハイドロキノンとはどういう成分なのか、まずはそこから勉強しましょう。
ハイドロキノンとは、天然成分であり、自然界にそのまま存在するものです。
なんとなく仰々しい名前なので化学的に作られた化合物なのかと思いますが、麦芽の中やベリー類の中、紅茶やコーヒーなどの中にももともと存在している成分です。
そう聞くと、ちょっと安心する人がいるかもしれませんね。


ハイドロキノンには、メラニン色素を生み出すチロシナーゼという酵素が活性化するのを抑制するはたらきと、出来てしまったメラニン色素の濃さを還元するはたらきとがあることが分かっています。
もともとはフィルム写真の現像をする時に使われていた還元剤であり、現像を仕事にしていた人の手が漂白されることから発見されたとも言われています。

できてしまったシミを消す!

同じくチロシナーゼの活性化を阻害して、美白に効果をもたらすと言われるビタミンCやコウジ酸、アルブチンなどと阻害効果を比べたデータがあるのですが、ハイドロキノンは圧倒的にチロシナーゼの活性を抑制するという結果が出ています。
その差は濃度によっておよそ10倍から100倍までの開きとなっていますので、比べるまでもなくハイドロキノンのほうが高い作用を持っていると言えます。


美容大国のアメリカでは、美白と言えばハイドロキノンです。
日本では医師以外の使用を2001年まで認めていなかったので、一般の化粧品に出回り出してからわずか10年ちょっとという状態ですが、世界的には適切な使い方や副作用などについても長く研究が進んでいるものですので、きちんと正しく使えば大きな問題にはならないでしょう。

日本での認可が遅れたのは、昭和30年代に毒性の強い「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という成分と構造が似ているとして同等に扱われたことにあると言われています。
こちらは非常に危険な成分で、今でももちろん使われることはありません。
ハイドロキノンモノベンジルエーテルと現在化粧品などに使われているハイドロキノンとはまったく別の物質ですので、そこは混同しないようにしましょう。