できてしまったシミを消す方法

できてしまったシミを消す!

出来てしまった顔のシミ対策をどうしても自宅で行いたいという人は、効果のある成分が配合された美白化粧品を使うしかありません。

 

紫外線予防をしていたつもりでも顔にシミが浮き出して来てしまった場合には、その部分はピンポイントで漂白するしかありません。

 

日本では数多くの美白化粧品や美白成分が厚生労働省から認可を受けていますが、そのほとんどは漂白ではなく予防です。これから浮き出て来るであろうシミには効果があっても、すでに表面に出てきてしまった色素には今ひとつ反応が感じられないのも当然でしょう。


そんなシミに効く肌の漂白成分と言えばハイドロキノンです。


世界的にはかなり昔から有名な成分で、肌を白くする、シミ抜きをすると言えばハイドロキノンが当然と受け止められています。

日本では間違った経緯から認可が遅くなりましたが、今では規制緩和となり配合成分に制限はあるものの一般の化粧品にも配合が認められるようになりました。


最初はあまり聞き慣れない成分名なので、「それ大丈夫なの?」と警戒する人も多かったのですが、最近ではかなり一般的にも広まってきましたね。確かに配合濃度によっては肌にトラブルが起きたり、体質的に合わない人には刺激が強すぎたりすることも確かですので、十分理解した上で使用することが大事です。


ただ、できてしまったシミ対策はそれで消す事ができても、これから出てくる可能性のあるシミも肌の奥にかなりの数潜んでいます。それらが全部表に出て来てから対処するとなると、いくらハイドロキノンでも追いつきません。


モグラたたきのように出て来たものを叩くだけではなく、大元から原因を断つことも美白には絶対に欠かせないことです。本気で顔のシミ対策をしようと思うなら、ハイドロキノンを使うだけでなく、日々の紫外線対策やシミ予防も同時に行わなければいけません。


よくドラッグストアなどで美白化粧品と書いてあるものが沢山ありますが、そのほとんどがシミの予防であって、「できてしまったシミ」には効果のないものが多いです。

できたシミにしっかりと効く化粧品を選ぶようにしましょう


⇒できてしまったシミを消すならハイドロキノン配合が必須!
⇒とにかく今すぐ何か始めないとシミは残ったままですよ

 

ハイドロキノン配合化粧品一覧

 

できたシミを消す化粧品はコレ

できたシミを消す化粧品はコレ
驚異的な98.5%のリピート率!シミ消しの定番
ビーグレンは即効性の高いハイドロキノン配合した化粧品シリーズ。超微小カプセルでハイドロキノンを包み込む事でシミの元までしっかりと成分が届くのが特徴。ハイドロキノンは1.9%なので肌が弱い方でも問題なく使用できます。
価格 1,944円(税込)
成分 ハイドロキノン(1.9%)、シムホワイト377、ピュアビタミンCなど

詳しくはこちら

できたシミを消す化粧品はコレ
皮膚の専門家が開発したハイドロキノン化粧品
アンプルールは皮膚の専門家が開発したドクターズコスメ。ハイドロキノンは最高レベルの2.5%配合なので、できてしまったシミをとにかく消したい!と言う方にオススメ。マイクロカプセルを利用する事でしっかりと肌の奥まで浸透。高濃度なスポット集中美容液でピンポイントに気になるシミのケアができます
価格 1,890円(税込)
成分 ハイドロキノン(2.5%)、プラセンタ、スクワラン、アクロマキシル、αリポ酸など

詳しくはこちら

できたシミを消す化粧品はコレ
敏感肌用の美白ケアならsaeru一択!
saeru(サエル)は敏感肌の方でもシミやくすみのケアを安心してできる美白化粧品。美白化粧水、美白美容液、美白クリームのセットでビタミンC誘導体やアルブチンやトラネキサム酸でシミにアプローチ。肌が弱くてシミ対策を諦めていた方に特にオススメです
価格 1,480円(税込)
成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、デイリリー花発酵液、ヒアルロン酸、セラミド、エスクレシド、グリチルリチン酸2k、白様雪など

詳しくはこちら

 

ハイドロキノン配合化粧品の選び方

できてしまったシミを消す!

2001年に日本でもハイドロキノンを配合した化粧品の販売がメーカー責任において可能となり、いろいろな製品が徐々に浸透してきました。

人気なのはアンプルールのようなドクターズコスメで、美容皮膚科医などが開発した美白化粧品が非常に人気を集めていますね。

とても効果も高く、注意点も多い成分だけに、専門知識を持ったメーカーが責任を持って開発しているアイテムが高い信頼性を得るのは当然と言えば当然でしょう。


最近ではそこまで怖いイメージを持っている日本人も少なくなってきたとは思いますが、シミがひどくなって悩んでいるけれど、ハイドロキノンはなんとなく抵抗があると感じている人もいると思います。

そんな時には、やはり医師の開発したお墨付きのコスメは安心出来ますよね。

もしくは、メーカーが研究所や製薬会社とコラボレーションして作り上げた信頼性の高いものがやはり安心です。


ドクターズコスメ、サイエンスコスメの人気の理由は納得出来ます。

シミは気になるけれど、病気でもないし、わざわざ皮膚科へ行く必要はないと思っている人は多いですよね。その場合は、なんとかして自分で自宅で治す方法を考えると思います。


ハイドロキノン配合の化粧品は、使った後に確実に肌の明るさを実感出来るということと、ピンポイントで使えるクリームなどが別立てになっていることが大きな魅力です。今までの予防的な美白化粧品とは確実に違いますので、美白化粧品に効果が感じられたことが一度もないという人でも、もう一度試してみるだけの価値はあると言えるでしょう。


自宅でハイドロキノン配合の化粧品を選ぶのであれば、確実に変質が起きにくい安定型の成分を選ぶことが重要です。酸素や熱、光などに強く、いちいち冷蔵庫へ保管しなければいけないような手間のないものもちゃんとありますので、毎日のスキンケアが面倒にならないようにするのも大切なポイントです。


だいたい、美白ものはすぐに劇的な効果が出てくるわけではありませんから、数ヶ月は使い続ける必要があります。最初は意気込んでいるのでいいのですが、だんだん毎日のケアが面倒になってきますので、簡単に使えるものが結局は一番なのです。

 

できたシミを消すのにかかる期間

できてしまったシミを消す!

ハイドロキノン配合の化粧品で、本気で顔のシミ対策をしようと思った時に気になるのが、「一体いつになったら効果が現れて来るのか?」という点です。

さすがに1回2回塗っただけで劇的にシミが薄くなるなんて、あれば最高に嬉しいですが無いことくらいは誰にでも分かっています。

じゃあ、どれくらい頑張ればいいの?ということになりますが、おおむね実感出来た人の平均的な期間としては、最短で1ヶ月、長い人で6ヶ月くらいというところのようですね。


化粧品の開発者のほとんどが言うのは、だいたい化粧水などを1本まるまる使い切るくらいを効果の目安にして欲しいということです。

確かに、使い切る前に自分でだめだと判断してしまうのはもったいないですよね。

なんとなく他の化粧品のほうが良さそうに見えて、途中でコロコロと鞍替えばかりをしている人ほど、効果が出ないと文句を言っているケースが多いのも確かです。


ハイドロキノン配合の化粧品はあまり数が多くありませんし、価格も非常に高めのものが多いです。あまり途中で乗り換える人もいないとは思いますが、少なくとも肌に変化を与えて、細胞が入れ替わるまでには最短でも4週間から6週間はかかるでしょう。

できてしまったシミの沈着している場所は特に入れ替わりに時間がかかりますので、最初から3ヶ月くらいは覚悟したほうが良いですね。

3ヶ月と一言で言うのは簡単ですが、季節の変わり目が来るほどの長さです。
9月に始めても、結果が出るのは12月、もう年末です。リアルに想像してみると、なかなか辛抱強くコツコツとしたケアが必要とされることがわかりますよね。

シミの予防にしかならない成分しか入っていないのにシミが消えると謳っているような化粧品もありますが、そんな効果のない化粧品を1本使い切っても、ダメだったらまた一からやり直しですから、最初に選ぶ時に間違いのないようにしたいものですね。


できてしまったシミを消したいのなら、やはり「ハイドロキノン」なので、ビーグレンアンプルールを選んでおけばまず間違いはないでしょう。

できてしまったシミを消す!
きちんと効果が出ているかどうかを観測するには、客観的な記録が一番です。
今はスマートフォンで簡単に撮影が出来ますから、毎日同じ時間に同じ場所で顔の写真を撮っておくことをお勧めします。
自分で納得がいかないと思っていたけれど、実は写真を見比べてみると徐々に変化が起こっているということも普通にあります。
自宅にはマイクロスコープなどありませんから、写真が一番手軽で固い方法ですよ。

 

 

できてしまったシミを消すならコレ